名古屋市内を観光したよ半日ほど!地下迷宮に眠る謎に参加しながら

名古屋 地下迷宮に眠る謎 おでかけ(名古屋市内)

名古屋 地下迷宮に眠る謎

2018.4.14~9.2まで開催されていた
ナゾトキ街歩きゲーム in 名古屋
「地下迷宮に眠る謎」
に、友達に誘われて、急遽参加して参りました。

当初の予定では最終日の1日かけてゆっくり謎を解きつつ、名古屋市内を観光したいと思い、脳内プランを色々考えていたのですが…
色々ありまして(^_^;)
最終日前日の午後に謎解き「名古屋 地下迷宮に眠る謎」に参加することになりました。

すなわち、使える時間が丸1日から半日への大幅減!

しかも謎を解きながら、名古屋市内を観光したいという無茶計画!

果たして…謎解きをしながら、私は名古屋市内を観光することができるのか!?

 

 

スポンサーリンク
  

名古屋市内を観光したいの半日ほど…謎解きしながら

<計画>

謎解きをしながらの半日なので、そんなに時間がありません。
行きたい場所を厳選しました。

・行きたい場所:熱田神宮

何故「熱田神宮」にしたのか…
謎解き「名古屋 地下迷宮に眠る謎」は、名古屋市市営地下鉄に乗って謎を解くゲームです。
地下鉄の1日乗車券が付いているので、地下鉄の沿線近くであることが第1条件です。

わたくし、現在使用している「ご朱印帳」があと1ページで終わりを迎えようとしております。
故に、新しい「ご朱印帳」をどこかで調達したいと思っておりました。
できたらどこかの神社で…できれば格調高いところがイイナぁ…と、思っておりまして(^_^;)
(熱田さんだとご朱印帳ではなくて、御神印帳になるのか…?)

物欲的な意味を込めて「熱田神宮」によりたいと思いました。

<当日の動き>

[12:00~]

・謎解きのキットを入手
 (私は栄駅で。友人は名古屋駅で)

・最初の謎を解き、集合場所を決める。

・無事に合流

・しばし謎解きを楽しむ

[13:00~14:30]

・熱田神宮に到着。
 御朱印帳を求めつつ、参拝。

[14:30~]

・謎解き再開。
 昼食を取っていないので、空腹が辛い

[15:00~]

・大須観音通りにて遅すぎる昼食タイム♪

[16:00~]

・謎解き再開

[18:00]

・「名古屋 地下迷宮に眠る謎」fin.
 やったー\(^o^)/

[18:00~]

・打ち上げ的なディナータイム♪

[19:00]

・解散

 

 

 

 

名古屋観光~熱田神宮~

↓少々暗い写真ですが…↓

熱田神宮 御朱印帳

↓熱田神宮の御朱印帳です↓

熱田神宮 御朱印帳

毎回、熱田神宮こと熱田さんへ参り、御神印を受けるときにドキドキするので、忘れずに伝えておきたい!(熱田神宮は”御朱印”ではなく、”御神印”になります。呼び方が)

熱田神宮の御神印(ご朱印)の神印料は「お気持ち」になります!!

「お気持ち」を「神印料」の箱に納めましょう!

迷う場合は、全国大体の御朱印は、300円ほどになるので、300円を納めれば問題ないです。

そして私の目当の『御神印帳』(熱田神宮の御朱印帳)を受けるには、「千円以上の気持ち」を納める必要があります。

つまり!

『御神印帳』+神印料=1,000円+「お気持ち」=「千円以上の気持ち」

が、必要となります。

この「お気持ち」システム…己を試されているかのようで、本当にドキドキします(^_^;)

今回、私は1000円札を握りしめながら、順番を待っておりました!
うっかりしておりましたっ!!

 禰宜さん「『御神印帳』は”千円以上”のお気持ちが必要となりますが、よろしいですか?」

   私  「ハッ…(千円以上だった(・。・;)……はいっ!!」

しかし小銭を切らせていた私は
(10円1枚しか入っていなかったんだよ…(T_T))

   私  「に…二千円、お納めします!」

 禰宜さん「二千円でございますね」

そして私は福沢諭吉さんの描かれたお札を納め、八千円のお戻しを頂きました。

 

熱田神宮内にある別宮である『別宮八剣宮』『上知我麻神社』でも御神印(御朱印)を受けることができます。
勿論、「お気持ち」をお納めくださいね♪
(目安は、300円×2種類=600円くらい。でも「お気持ち」なので…)

 

もし、これから熱田神宮で御神印(ご朱印)を受けに行かれる方で、「お気持ち」システムをご存じない方がいらしたら、私は声を大にして伝えたい!

100円玉は、たくさん用意して持っていった方がいいよ!!

 

 

名古屋観光 グルメな大須でランチを

名古屋観光 大須観音通り

大須の商店街にて、遅すぎる昼食を取りました。
大須と言えば、食べ歩き…な気もしたのですが、

 友人 「座りたい座りたい座りたい」

と申しますので、座って食べれるお店に入ろうと思い、アーケード内をうろうろ。

  私  「あ、なにこれ!」

そんな私たちの眼前に現れたお店がこちらっ!!

スポンサーリンク
天ぷらスガキヤ

スガキヤの天ぷら版!?

 

天ぷらスガキヤは、平成30年6月21日(木)にオープンしたお店のようです。

私は、海老天盛りセット(650円)
友人は、ちょい呑みセット+小うどん

セルフなお店のようで…

1)入店したらまずはタッチパネルの画面で注文
  注文票が出力されるので、それを持ったまま席の確保に向かいます。

2)しばし待ちますと、注文票に記載された番号で呼ばれます。機械に(笑)
  店内のディスプレイにも番号が表示されるので、目視での確認も可

3)お財布を持って、受け取りに行きます。

4)ご飯茶碗と天ぷら等が乗せられたお盆を受け取ります。

5)ご飯を入れてくれるマシーンがあるので(笑)
  受け取ったお茶碗を機会にセット
  ご飯の量を自分で選んでポンっと押すと、ご飯がポコッと出てきます♪
  面白い(笑)

6)ビールもビールマシーンがあるので(笑)
  お盆に乗っていたビアジョッキーを機会にセット
  ポチッとボタンを押すとビールが注がれます♪

7)お味噌汁もポチっとボタンを押す式です

8)会計します。

9)席へ戻り、サクサクの天ぷらを味わいましょう!
  揚げたてサクサクですよ!

天ぷらは、盛り合わせだろうが天丼だろうが、ご飯とは別の器に入った状態で提供されます。
席で自分でご飯の上に盛り付けて天丼にしてもよし!
別々に食べてもよし!

 

何はともあれ、揚げたてサクサクの天ぷらです!
それにこのセルフ感が楽しい♪

 友人 「いやぁ…面白かった(笑)」

 

 

名古屋観光 金シャチ横丁で打ち上げだ!

名古屋観光 金シャチ横丁

無事に謎を解き終えた我々は、疲弊した足を休める為&謎解き達成を祝うため、市役所は金シャチ横丁~宗春ゾーン~に佇んでいました。

 友人 「別に市役所じゃなくて、久屋大通とかに戻っても…」

  私  「いやだ。動きたくない!」

そして金シャチ横丁は宗春ゾーンにあるお店「cafe diner POP OVER」へ、入店しました。

金シャチ横丁(宗春ゾーン)は、仕事の帰り道ウォーキングとしてよく歩いてはいたのですが、入店は初です。
ポップオーバーは、テイクアウトを行っているのと「忍者アイス」が気になって、いつか買おうと思いつつ…未だ購入には至らず(^_^;)

といったところでしたが、ついにテイクアウト通り越して入店しちゃいました!

私も友人もとにかく「肉が食べたい」モードになっておりましたので、同じものをオーダー。

・低温熟成サーロインステーキ(1500円)
 (ポップオーバーセット)

もちろん謎解き完了の祝いの席なのでクラフトビール(650円)!
・アフターダーク(黒ビール)
・オンザクラウド(ものすごいフルーティ)

ポップオーバーは初めて食べました。
見た目は大きいですが、とっても軽いのでパクリペロリです。
中にバター皿が仕込まれておりますので(笑)
バターを塗りながら美味しく頂きました。

名古屋観光 ポップオーバー

お肉も美味しかった!
疲れた体に染み渡る美味しさ♪

名古屋観光 ポップオーバー

クラフトビールも美味♥
私はもともと黒ビールが好きなのですが、ここの黒ビールの甘さ…いい♥

名古屋観光 ポップオーバー

 友人 「後味でちょっとビールの苦みがくるよねぇ」

と、友人は申しておりましたが、私はこの黒ビール好きです♪

そして友人の頼んだクラフトビール「オンザクラウド」
びっくりな甘さ!すごい香りがフルーティー♪

 友人 「グレープフルーツみたいな香り♪」

苦いのが好きではない友人は、とても満足げでした♪

ごちそうさまでした!

 

 

まとめ

名古屋 地下迷宮に眠る謎

「名古屋 地下迷宮に眠る謎」に参加しながら、名古屋観光が半日でできるのか…

観光する場所を熱田神宮一か所に絞ったので、ランチや打ち上げも含め、なんとか半日で収めることができました。

熱田神宮内はすべてをじっくり巡れたわけではありませんが、約一時間半以上は滞在し、「清水社」でばしゃばしゃと水をかけたり、別宮へ参ったり。
静かで緑豊かな境内をゆっくりと歩くことができ、とても満足です♪

ごはんもゆっくり食べることが出来ました!

もっと慌ただしくなるかと思いましたが、「名古屋 地下迷宮に眠る謎」も地元っ子なので、「どの駅がどこにある~?」というところで迷わなかったので、時間ロスが少なかったのがよかったのかなと思っています。

東京で「地下迷宮に眠る謎」に参加した友人は、「駅が見つけられなくて大変だった」と申しておりましたの(^_^;)

 

何はともあれ、楽しい半日でした!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました