リトルワールドの感想!久しぶりに行って楽しかったよ♪(前編)

リトルワールド 野外民族博物館 リトルワールド

リトルワールド

「野外民族博物館 リトルワールド」へ行ってきましたよ!

アクセス方法とか、
割引とか、
衣装とか、
謎解きとか、

事前に色々調べてから(笑)
ようやく現地に行くことが出来ました!

さあ、食べるよーッ!!

 

 

スポンサーリンク
  

リトルワールドの感想 ~アクセス編~

電車で行く方法も検討したのですが、
結果として自動車で行きました。

名古屋市内から41号線をずんどこ北上し、
高速には乗らず、
ひたすら41号線を進みました。

基本的に、
時々現れる

「リトルワールド ●km→」

等の案内表示の通りに行けばたどり着くことが出来ます。

ただ1か所!
久しぶりにリトルワールドへ向かった私たちが迷った場所が、「塔野地」の信号を過ぎて、
名濃バイパスと分岐する箇所!

 友人「何故ここには看板が無いんだ!
     ここに設置してくれよっ!」

友人は叫びました(笑)

地べたを走っていく道を選んだ私たちは、
一番左側のレーンを走り、
(中央を走ると名濃バイパスを利用するルートになります)
41号線から188号へ。

そして「城東橋西」を右折して、
191号線をずんどこと進んでいきました。
(この辺りには、きちんと案内表示があるので、迷うことはないです)

いやはや…
とんだドッキリでしたよ(笑)

 

 

リトルワールドの駐車場の混雑具合

リトルワールド

ギャーギャー叫びつつも(^_^;)
なんとかリトルワールドへたどり着いた私たち。

到着したのは、10時ごろ。
(10月の営業開始時間は、9:30~)

並んで待つ等のことはありませんでしたが、
一部区画によっては、「満車」となっておりました。

駐車場係員の方の指示に従って、
空いているエリアの好きなスペースに駐車。

まだまだ駐車スペースに余裕はあるようです。
広いな(笑)

 友人「とりあえず木陰に停めておこう」

予想していたより人が多いかも?
と、思いつつ私たちは入口へと向かうのでした。

 

 

リトルワールドの入場券を買おう

チケット売り場へ向かい、今日の入場券を買います。

売り場は、並んでいるというほど並んではいなかったので、特に苦も無く購入。

名鉄ミューズカードを提示してそのままカード払いとしたので、300円の値引き。
入館料(大人)1,700円のところを、1,400円に♪

2名分購入しましたが、入場券は1枚です。
よく見ると「2 \2,800」と記載されているので、これ1枚で2人入れます。

 

 

リトルワールドの謎解き~リトルシェフ~

さて、本日の道しるべ
リトルワールドの謎解き
「リトルシェフ ~不思議なレシピの謎~」
のキット購入です。

入館したリトルワールドは、ハロウィン仕様です。

リトルワールド

ハロウィン仕様に驚きつつ(笑)
入口入ってすぐ、正面にハロウィン仕様のを見つつ、右手にある総合案内所…の横にある販売ブースへ向かいました。
(平日は総合案内所で販売されています)

参加費用の1,000円を支払い、謎解きのキットをゲットです。

さらに併せて「パスポートスタンプラリー」のパスポート型スタンプ帳(300円)を購入。
(コンプリートすると記念品がもらえます)

今回は、これらを片手に園内一周をしつつ、世界の肉料理を堪能するのが目的♪

 

 

世界の肉フェスタ

今回のメインイベント!

“世界の肉フェスタ”

残念ながら、密かに狙っていた
『ロトコ・レジェーノ』(ペルー/土日祝各限定10食)は、売り切れで食べられなかったのですが…(T_T)

11:15くらいには、
ペルーに着いていたと思うのですが…
みんな、早い(笑)

駐車場の具合からそれなりに人がいると思っていたのですが、そんなに混み合っている感じが無かったので、すっかり油断しておりました。

友人曰く、
「きっとみんな、
 目当ての肉の処に一番に行ったんだよ」

これは…
エジプトのハト肉も…無理、かなぁ…(^_^;)

 

何はともあれ、
美味しくいただいたお肉たちをご紹介♪

 

スポンサーリンク

シュパンフェルケル (ドイツ) 1,200円

リトルワールド 世界の肉フェスタ

ドイツの子豚のお料理♪

南ドイツの料理で、離乳前の子豚を丸焼きにしたお料理。

丸焼き~なので、もっと歯ごたえのあるお肉なのかと思っていたのですが、意外にも

角煮的な柔らかさ♥

これが、子豚の力…!?

かけられているソースがまた、懐かしいお味で(笑)

 友人「どうしてこう…
    まるで醤油のようなタレじゃない?
    ほっとする味♪」

  私 「醤油?」

その他、
「ソーセージ盛り合わせ」(1,400円)をオーダーし、仲良くシェア。

 友人「この白いやつって…
     皮をむくやつ?」

  私 「そうそう。皮をむくやつ」

 友人「ザワークラフトはいらないから食べて」

  私 「食べろや…」

ちなみに友人の目当ては、
ドイツのお隣にあるフランスの料理
『鴨肉のコンフィ』(800円)
だったのですが、
ドイツで満腹になってしまい、断念。

  私「何故、
    ソーセージ盛り合わせを頼んだ?」

 友人「うぅ…もう食べられない。満腹」

  私 「ラクレットチーズも売ってるよ!」

 友人「うぅぅ…食べたいが、無理( ̄x ̄;)」

みなさま。
食べたいものと胃袋の調子は、
ガッツリ合わせておきましょうね(笑)

 

イチリ・キョフテ (トルコ) 600円

食べたいと思っていたハト肉を売っている
エジプトは「アフリカンプラザ」を完全にスルーしてしまい(^_^;)
気が付けば、ここはトルコ(笑)

有名なトルコアイスが売っている隣の窓口で、料理をオーダーです!

リトルワールド 世界の肉フェスタ

イチリ・キョフテは、
トルコのピロシキとか、揚げ肉団子とか…
そういう感じのものです(^_^;)

“ブルグル”という小麦を蒸して粗挽きにしたもので、トルコの国民食で、プチプチとした食感が特徴のクスクスっぽい食べ物です。

プチプチ?しているのかはともかく、きっちりと中に牛肉を閉じ込める密閉感が凄い!
直接手に持っても、べとつかない…揚げてあるのに!

そして一口かじると、熱い牛肉のミンチが♥
衣であるブルグルが肉汁を吸っているので、小龍包のように肉汁が飛び出すことはありませんが、なかなかに肉汁が滲み出てくれます。

おやつ時でしたが、エネルギー補給もかねて、もっきゅもっきゅと美味しく頂きました♪
(友人は、引き続き満腹中だったので、ティーのみ楽しんでいました)

 

以上が、今回、私が世界の肉フェスタで楽しんだ肉料理たちです。

肉フェスタ以外でも
ちょうどイタリアの「ポルケッタ」が食べられる日に行ったので、ポルケッタを販売している屋台があり、
ドイツ直後でなければ、食べたのにっ!!

とか、

後半で出会った山形の牛串…
「山形牛の串焼き」(500円)
 ※土日祝日限定

 友人「牛串…☆」

  私 「さくらんぼソフト♥」
      ※さくらんぼソフトクリーム(350円)

お腹の空が無限大だったら、
もっとたくさん食べたいのにぃ…
と、思いながら巡る食紀行でした(笑)

 友人「しかし、
    心行くまで食べようと思うと、
    かなり財布の中身が必要…」

  私 「言うなっ!」

 

 

まとめ

リトルワールドへ名古屋から自動車で行く場合、
(高速には乗りません(^_^;))
案内表示に従っていけば、無事にたどり着くはずです。
気を付けるべきは、41号線から外れるタイミングです。
名濃バイパスへは、乗りません!

あと、
トイレ休憩に行きたくなるかもしれないので、名古屋市内を出る前に、トイレ休憩を入れておきましょう。
(私はともかく、友人は名古屋縦断してきているので「トイレ休憩は必須」と申しておりました)

リトルワールドの駐車場は広いので、満車になることはそんなにないかと思います。
朝から行くなら問題ないかと。

世界の肉フェスタ
数量限定ものが食べたい場合は、開園と同時に入って、目的の品のエリアへ一気に向かうことをオススメします。
食べたいのであれば、急げ!!

という訳で、
謎解き~リトルシェフ~の感想
とか、
リトルワールドの見どころ(見たところ)
の感想とかは、
後編にて書かせて頂きたいと思います(^_^;)

まさかの、続く…っ!!

*関連記事
リトルワールドの感想!久しぶりに行って楽しかったよ♪(後編)
*参考記事
「リトルワールドのススメ ~リトルワールドに関する記事一覧~」

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました